ビジネス

高品質のスタンプを製作するために役立つ4つの質問

スタンプはオフィス周りで非常に役立つツールとして知られています。仕事では、会社で発行前のドキュメントを承認したり、本物であることを証明するのに使われます。しかし、これだけではなく、ゴム印はもう少しカジュアルな目的にも利用されます。詳細は、 www.kiasuprint.com をクリックしてください 。

ゴム印をデザインする際、少なくとも4つの点について確認することがあるので、品質の高いゴム印デザインを製作するために下記の質問に答えてみてください。

1.どんなタイプのスタンプが欲しいですか?

スタンプには様々な種類があります。少なくとも最近では、大きく分けて3つの種類に分けられます。まずは昔ながらのゴム印です。それからセルフインクスタンプや浸透印があります。これらはメカニズムや印影に少しの差が出ます。昔ながらのゴム印は最も基本的なもので、インクパッドを別に必要とします。このため、持ち運びをするには向いていません。利点としては、安価でシンプルな作りであるという事です。デスクから移動させない場合に最適です。一方で、セルフインクスタンプや浸透印はインクを別持ちする必要がないので持ち運びに便利です。

2.どんな形のスタンプが欲しいですか?

選べる形にも多くの種類があります。丸、四角、楕円、さらには技術の進歩により自由な形まで選べるようになりました。しかしながら、もし複雑なデザインを希望するのであれば、紙にシャープでパリッとした印影を残せるセルフインクスタンプや浸透印がお勧めです。

3.どんな大きさのスタンプが欲しいですか?

大、中、小という大きさから選ぶことができます。何に使うかによって、サイズへのニーズは変わります。もしかなり大きいものや、かなり小さいものを希望するのであれば、より幅広い選択肢がある木製スタンプがお勧めです。

4.どこで製作した方がいいですか?

製作を依頼するベストなメーカーについてです。長く使え、結果的に節約にもなるので高品質のスタンプに投資することはいい考えとなります。最近では、希望のイメージを製作してもらえるかを判断する材料となる過去の作品をオンラインでも確認できるので、オンラインでメーカーを探せるようになりました。オンライン受付を行っているところは、わざわざ店まで足を運ばなくて済み、送られてくるのを待つだけなので非常に便利です。インターネットバンキングやモバイル決済で支払いができるのも特徴です。メーカーに行く時間がない人であれば、良い選択肢となります。

Related posts
ビジネス

ステッカーのデザイン及び配布方法のコツ

ビジネス

環境の変化が人間にもたらす効果

ビジネス

技術とデジタル化の時代に名刺がまだ存在している理由

ビジネス

シンガポールで企業登記が必要なのはなぜ?

Sign up for our Newsletter and
stay informed