ビジネス

自力で個人輸入に挑戦してわかった厄介な問題(困った時にはベストケンコーへ)

個人輸入として海外からお薬を取り寄せる行為は、現代ではかなり一般的になってきました。私自身、そのように感じています。数年前、数十年前では考えられなかった利便性です。ベストケンコーなどの便利なサイトはありますが…それでも、いまだに、個人輸入の困難に直面している人はたくさんいるでしょう。そして、実際に挑戦したことがないから、どんな困難に対処すべきかわからないという人もいるはずです。そこで今回は、私が実際に自力で個人輸入に挑戦することで直面した問題をご紹介します。

言語の壁が立ちはだかる

言葉の壁。これが思いの外高いのです。そもそも英語ができない自分にとって、ハードルが高すぎました。街で外国の人に話しかけられただけで、困ってしまうのに…それどころか、メールのやり取りが発生します。間違えると、お薬ですので健康に関係してきますから、ミスは許されません。私の場合は、海外のサイトから購入することにしました。Googleの翻訳を使えばいいか…とも思いましたが、謎のカタカナ語になることが多く意味不明です。しかも、たまに意味が通じても、その作業が非常に面倒です。そこでふと思うわけです。なぜ、自分はこんな苦労をしなきゃならないのか。しかも失敗できないからこそ、非常に神経がすり減ります。

規制に準拠しているのか気になる

もし注文ができても、謎の不安が湧き上がってきます。規制的に大丈夫?こればっかりは、自分の力では何ともできません。海外のウェブサイトに尋ねてもいいのですが…インドやシンガポールなどの会社に日本の規制や法律の知識があるとは思えません。このような問題を解決するために代行サービスを利用したのですが、そのおかげで全てが一気に楽になりました。詳しい人が周りにいるでもない限り、代行サービスを利用するのがお勧めです。当社のウェブサイトについて : ベストケンコー

Related posts
ビジネス

シンガポールで企業登記が必要なのはなぜ?

ビジネス

シャチハタを上手に活用する方法

ビジネス

オンラインペットストアを利用しクオリティーの高いペット用品を購入

ビジネス

ユニドラに代表される個人輸入代行サイトの役割とは?

Sign up for our Newsletter and
stay informed