ビジネス

技術とデジタル化の時代に名刺がまだ存在している理由

テクノロジーは毎日、急速に進歩しています。古い慣習・方法は、はるかに便利なテクノロジーに取って代わられ、全ての人が日常業務をより迅速かつ簡単に実行できるようになりました。しかし既存の技術にはまだいくつかの制限と欠点があり、従来のツールとやり方は依然として必要であり、完全に過去に忘れ去られたものでないことは否定できません。

毎日私たちの手助けをしてくれ、最も普及している技術の1つはスマートフォンです。指をタップするだけで、数秒の間で簡単に情報を共有できます。これにより、ビジネスでは他の起業家や見込み客と連絡先情報を交換するプロセスが容易になりました。ただし、ビジネスでの連絡先の交換は、従来の名刺を使用することができます。実際に世界的には、名刺は依然として重要なものと認識されており、大企業でさえも名刺を使用しています。

なぜ名刺はまだ絶滅していないのでしょうか?以下をご覧ください。

  • 文化的に適切

日本や香港など、ビジネスで名刺を交換することを大事にしている国がいくつかあります。会議などでは、出会ったときに両者が名刺を交換し、それが正式かつ適切だと見なされます。もし相手が名刺を提供できない場合、ちゃんと準備ができておらず、規範を尊重していないことを示すことになり、潜在的なビジネスチャンスを失う可能性があります。したがって、起業家にとっては、どこに行っても常に名刺を配れるように持っておくことが非常に重要です。

  • マーケティングツール

名刺の主な役割は、会社または企業を代表する個人の連絡先情報を提供することですが、実際には非常に効果的なマーケティングツールにもなります。名刺はブランドの広告としても機能し、特に名刺のデザインに会社特有の色やロゴを入れるとブランド認知度が高まります。

  • 信頼性と妥当性を高める

ビジネスパートナーや見込み客と会う際に名刺を提示すると、準備ができている人だと認識され、あらゆるチャンスを掴むことができます。そして名刺のデザインを通して新しい顧客にあなたの会社の正しい印象を与え、更にあなたが本当にあなたの会社を代表する人であるという保証も与えることができます。

  • 便利で常にアクセス可能

電波が受信できなかったり、バッテリーが低下したりして何か障害が発生した場合など、携帯が使えない場合、名刺がいつでもその役割を果たしてくれます。名刺を渡すのは、ほんの数秒しかかからず、簡単で、いつでもアクセスできる連絡先情報を簡潔に提示できます。詳細は、ここをクリックしてください kiasuprint.com/businesscards-namecards-printing/products

Related posts
ビジネス

環境の変化が人間にもたらす効果

ビジネス

高品質のスタンプを製作するために役立つ4つの質問

ビジネス

シンガポールで企業登記が必要なのはなぜ?

ビジネス

シャチハタを上手に活用する方法

Sign up for our Newsletter and
stay informed