ビジネス

ユニドラに代表される個人輸入代行サイトの役割とは?

ユニドラというサイトが業界を席巻しています。その業界とは個人輸入です。個人輸入という言葉を知らない人のために、簡単な説明を加えておきましょう。これは、自分の力で海外から欲しい商品を持ってくるプロセスのことで多くの場合、お薬の文脈で使用されます。それは、お薬に関連する法的制度によるもので、日本では、市販や処方が禁止されているものが多々。そんなものでも、個人的な使用であれば問題なく輸入できる場合があるのです。そして、話はユニドラに戻ります。個人で輸入するといっても手続きが難しいので、多くの人は、プロの力を借りることになります。その代行業者/サイトがUnidruということになります。

代行サイトの役割とは?

続いて、代行サイトの役割を考えてみましょう。前述の通り、簡潔に言えば、代行サイトは、個人による輸入プロセスを代行することになります。でも、代行サイトが存在する必要はあるのでしょうか?個人で輸入する人は結局のところ、あらゆる費用を抑えたいのでは?そう思うかもしれません。費用を抑えたい気持ちはよくわかりますが、結局のところ、かかる時間やリスクまで考えると、代行サイトに依頼してしまう方が、安く全てが実行できるのです。まずは時間的投資を考えてみてください。暇すぎて時間が余っている、という人なら例外ですが、普通は、新たな分野についてゼロから勉強してみようというほどの時間を持ってはいないはずです。そんな中で、試行錯誤しているうちに、諦めてしまう…というパターンはよくあります。海外から本当に物品を入手したいという気持ちがあるのであれば、はじめからモコニュースなどのプロのサイトを利用してしまうのがいちばんの近道なのです。

Related posts
ビジネス

シンガポールで企業登記が必要なのはなぜ?

ビジネス

シャチハタを上手に活用する方法

ビジネス

オンラインペットストアを利用しクオリティーの高いペット用品を購入

ビジネス

個人輸入に欠かせない忍耐力の話

Sign up for our Newsletter and
stay informed